田中インタビュー

14947845_906086709491020_6818316899493573218_n

 

セラピスト紹介!
今回はベテラン・セラピスト田中の第1回目です(*^-^*)

_

①出身:岩手県。
生まれは釜石市で育ちは内陸の金ケ崎です。
18才大学進学のため東京に上京してきました。

 

大学は偶然ですが、店長の武田と一緒の法政大学で、年齢も少ししか違わないので、在学の時にキャンパスですれ違っていたはずです(笑)

 

趣味:趣味のために生きているようなもので、やりたいことがあり過ぎて困っています。

 

楽器の演奏(フルート、ピアノ、バイオリン)や競馬とか、調べ物とか、何か疑問に思うと熱中して短期間にガーッと調べるところがあります。

 

あと筋トレとかも。

_

②セラピストになるまでに経験した職業は?

 

法政大学は夜間に通ってました。何故かというと、実家が「自分のことは自分でやれ」という家訓があり、中学校卒業の時も両親に「何のために高校に行くのか?」プレゼンし、説得できたので進学できました。

 

そのため、大学進学の時も学費は自分で稼げと言われ、夜間なら昼間働けるので、という理由で入りました。なので、在学中から派遣会社の営業や企画の仕事をして学費を稼いでました。

 

その時、卒業したらうちで働かないか?と言っていただいてたのですが、その時はもう、「将来はセラピストになる!」と決めていたので、お断りしたんです。

_

③なぜセラピストの仕事を選んだのですか?

 

私、高校の時から東洋医学をやりたくて、調べたら針と灸とあん摩マッサージ指圧師の国家資格をとれる学校が東京にあるということがわかったので、その学校にいく学費をためるためにも、夜間の学校に通ってたんです。

 

東洋医学への興味は小さな頃からあって、「家庭の医学」の漢方のコーナーとかみて面白くて、これってなんだろう?というのが純粋な東洋医学を習いたいと思った源で、大学行った後にもう1つくらい学校行ってもいいかなと思い、学費がたまった時点で思い切って入学しました。

 

卒業してから、針・灸・指圧の治療院に就職し、そこで1年半くらい勤務したあと、1年くらい主人の家業を手伝うことになったのですが、「やっぱり、やりたい!」という気持ちが沸いてきて、どうしようか?と考えた時、それまでは治療院にいて、もう大体わかっていたので、「おもてなし」ができるところを見てみたい、という気持ちがありました。

 

だったらリラクゼーションサロンがいいんじゃないかと思って探し初めて、すぐにここ(アンドハンド)を見つけたんです。

 

他にも色々見たんですけど、「もう私は絶対ここで働くことになる!」という確信めいたものがあり、ここしか応募しませんでした。

_

(つづく)

_

武田も知らないエピソード満載だった今回のインタビュー^^
お楽しみいただけましたか?

 

田中の施術は、下記よりご予約頂けます*\(^o^)/*
あなたのご来店をお待ちしております♪

 

 

************************************
マッサージ・整体探しを卒業したい方のための
オーダーメイドもみほぐしサロン
&HAND(渋谷宮益坂)
東京都渋谷区渋谷2-19-19宮益坂伊藤ビル5F
************************************

 

★24時間空き状況チェック!ネット予約はこちらをクリック★

★お電話でのご予約
03-6450-6184

★営業時間
12:00-22:30(L.O 22:00)
木曜日のみ…14:00-22:30(L.O 22:00)
※定休日なし

★メニュー、スタッフ情報
http://andhand.jp/

★お支払い
現金、クレジットカード全ブランド可
(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/銀聯)
************************************

bottom_yoyaku